« フューチャー・イズ・ワイルド | トップページ | 出先から更新 »

2004年1月19日 (月)

サイドバーの扱い

最近、ココログ界隈をうろうろしていると、こんなことを思うblogに行き着くことがあります。

ここは見る人のことを考えてるのかなぁ…と。

それが一番顕著に現れるのがサイドバーだと思います。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

サイドバーは、ココログユーザーが自由にレイアウトを増やしたり並び替えたり出来る部分です。実際、私もFlashの時計をつけたり、アクセス解析やアクセスカウンターを入れたりしています。

ですが、あまりにいろんなものを付けすぎると、本当に見てもらいたいものが埋没してしまいます。

私のblogで一番見てもらいたいものが何だか分かりますか?(記事以外で)
 
 
 
 
 
 
 
 
↓に答え
 
 
 
 
 
 
 
 
 
答えは「カテゴリー」

検索エンジンから偶然来た人。
他のblogから初めて来た人。

そんな人たちに、カテゴリーリンクで他のページも見てもらいたいのです。

人の視線は大抵の場合、下の図のような動きをすると思います。

shisen.gif

もちろんコレが絶対のパターンではないです。でも、ほとんどは左上から視線がスタートすると考えていいでしょう。そのパターンからすると、(記事を除いて)一番見てもらいたいものは左上に配置するのが一番だと思います。

それ以外にも、あまりサイドバーの情報量を増やさないってのも重要だと思います。最近はBLogPeopleとかのリストをいっっっっぱい表示してる人がいますが、昔の記事を探したりがすごく面倒。昔の記事見てもらいたくないのかなぁ? 表示が遅い時もあるし。

私のサイドバー配置スタンスとしては
 ・一番見てもらいたいのは左上
 ・次に見てもらいたいのは左上から順番
 ・自分の為 or 補足的なものは右側
 ・なるべく必要のないものは表示しない
になります。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

補足。

Tokyo Forumさんの記事

あなたはココログサイトにアクセス解析付けて、何に活かしているのですか?

と書かれているが、私はこのサイドバーの配置の仕方で人の動きを確認しています。

アクセス解析には Page View と Visit というものがあります。 Visit は来訪者数、 Page View は何ページ見られたかというものです。例えば、私の最近1週間のデータ Page View : 23,693 Visit : 8,316 だと、平均して1人が3page見ていくパターン。ただ来ただけではなく、他の記事(カテゴリー)も見てから帰る、という感じですね。

« フューチャー・イズ・ワイルド | トップページ | 出先から更新 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

オススメサイト

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

忍者



無料ブログはココログ