« 2008年初日の出 | トップページ | 再度Windows Vistaを再インストール »

2008年1月 5日 (土)

アクアライン木更津側の大規模開発

ネットを彷徨っていたら興味深い案件を発見。

大型商業施設計画が白紙に…木更津
2007年12月21日

 木更津市の東京湾アクアライン木更津金田インターチェンジ東側で、都市再生機構が進めていた大型商業施設誘致計画の交渉は11月末で期限切れとなったが、結局まとまらず、開発計画は白紙に戻ったことが明らかになった。

 アクアライン着岸地点の同地区には、開通後の開発を狙った同機構と県が広大な土地を保有している。だが、景気低迷で土地は手つかずの状態が続いている。

 こうした中で、同機構は、カナダや米国で大型商業施設を展開する会社などが出資する「インターナショナル・モールズ・インク」(IMI)と開発を前提に契約を結んで交渉を進めていた。

 同社は、金田地区の約60ヘクタールを「千葉県の西の玄関口」と位置付け、10~11年に大型ショッピングセンター、介護付きホテルなどを核として、県内と東京、神奈川などから年間約2千万人を集める「キミサラズプロジェクト」の開業を掲げて交渉していた。

 同機構によると、IMIの事業提携先や中核店舗を集める枠組みをつくるに当たり、開発規模が大きすぎることなどもあって投資判断が難しく、結局交渉はまとまらなかったという。

 同機構は「地域に貢献できる新しい相手を幅広く探したい」としている。

asahi.com:大型商業施設計画が白紙に…木更津-マイタウン千葉 より

ここ数年、明るい話題が少ない木更津でこんなことが進んでいたんですね。他にも大規模ショッピングモールを作る(他の地区で)というのも聞いたことがあったのですが、ここまで具体的な話&会社名を聞いたのは初です。

ま、こうなってくると調べたくなるのが性。

 

この計画、インターナショナル・モールズ・インク(IMI)という所が進めているらしいです。そのサイトにはコンセプトなんかもあり、読むことで大まかな構想が見えてきました。

この大規模商業施設などの名称は「モール・オブ・ザ・ワールド(MOW)・キミサラズ」 ショッピングモール・アウトレット・ヨットハーバー・高層マンション群・病院などの複合施設を持つ予定らしいです。

全体的な区画図などもあったので、現在の場所と合成してみました。
区画図の正式なものはIMIのサイトにあります
クリックで大きくなりますよ

Kaneda0

地図の上部(ちょっと左より)に区画図を乗っけてるのですが見難いですね。
もう少しアクアライン周りを拡大したのがこんな感じ。

Kaneda1

アクアライン近辺の地理に詳しい人なら分かると思うのですが、アクアライン近辺は変な感じに土地が余ってるんですよね。田んぼのど真ん中に工事用道路が通っていたり。
こういうものを作るために土地をキープしていたんですね…

あと、地図をよく見ると半透明の赤いラインが引いてありますが、どうやらここは将来的に高速道路を通す予定らしいです。

第二東京湾岸道路」と言うものらしいのですが、一時期「三番瀬の環境を守るために」と言う感じでニュースに流れていたので、なんとなく名前は聞いたことがあるなぁ。

 

現状ではこの計画(モール・オブ・ザ・ワールド(MOW)・キミサラズ)自体なくなる可能性が高いのでしょうが、実現されていたらどうなっていたのか興味あります。

« 2008年初日の出 | トップページ | 再度Windows Vistaを再インストール »

千葉の都市開発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アクアライン木更津側の大規模開発:

« 2008年初日の出 | トップページ | 再度Windows Vistaを再インストール »

オススメサイト

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

忍者



無料ブログはココログ